稲庭うどんとは

秋田県稲川町稲庭地区は、うどんづくりの里として知られ、軒を並べる各店が江戸時代から伝わる技に工夫を重ね、その味は全国的に高い評価を受けています。
稲庭うどんは、なめらかな舌ざわり、淡白でつるつるした味わいがあり、四国の讃岐うどん、名古屋のきしめんとともに、日本三銘うどんの一つとして知られる干しうどんの逸品です。
近代化が進む中で、昔ながらの手づくりにこだわり、その技法を守り続けてきた稲庭うどん。稲庭うどんは、「手延べ」と二つの棒に綾掛けしながら綯う「手綯い」が特徴です。

油を塗らない手延べうどん

三輪の素麺技術が北前船で伝わったのが稲庭うどんの始まりだと言われています。手延べうどんは麺に油を塗るのが通常のようですが、稲庭うどんは延ばし工程で油を塗っていません。延ばしの際はローラを使用して平麺にするのが特徴です。

TVチャンピオンで優勝

「稲庭うどん」の中でも、旨いとされるのが「七代佐藤養助稲庭うどん」。ここの八代佐藤養助(専務)がTVチャンピオンに出て、香川県讃岐、埼玉県・加須、長崎県・五島、と「うどん対決」をし、見事優勝しました。

稲庭うどんは乾麺

稲庭うどんは乾麺なので、家庭でもよく食べられる。夏はそうめん風に、冬は温かいうどん風に、どちらにしても旨い。平打ちの麺は、細いものから太いものまで様々あるが、細いのは稲庭そうめんと言ったりもする。

スポンサードリンク